独立開業でもらえるお金は?損しないために「助成金」を知ろう

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 独立・開業 > 独立開業でもらえるお金は?損しないために「助成金」を知ろう

2020.8.3

独立開業でもらえるお金は?損しないために「助成金」を知ろう

69View

足場職人として独立するにあたり、気になるのが「お金」の問題ではないでしょうか。独立には、様々な出費が重なりますので、資金計画は慎重に立てなければなりません。
そんな「お金の問題」ですが、足場職人として独立開業する場合、受け取れる助成金があります。助成金を利用すれば経済的な負担を軽減できますので、独立開業時のお金の不安を払拭しやすいでしょう。
今回は独立開業で受け取れる助成金についてご紹介します。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

足場職人の独立開業は出費が多い

足場職人として独立開業するにあたり、知っておかなければならないのが「出費の多さ」です。
基本的に、どの職種も独立開業資金は必要です。しかし、職業や業務内容によっては、実際の出費額はピンキリであるのが現状でしょう。
足場職人は、数ある職種の中でも、独立開業時にまとまった資金が必要となる職業といっても過言ではありません。なぜなら、「足場」「ヘルメット」「作業着」など、仕事に必要な道具が多いからです。
特に「足場」は、対応する建物の規模にもよりますが、最低でも住宅1軒分は必要でしょう。一定期間内に複数の現場に足場を組み立てるのであれば、さらに余裕を持って足場の材料を揃えておく必要があります。
上記の理由から、足場職人として独立する場合は、出費が多いことを頭に入れておく必要があります。

足場職人の独立開業で受け取れる助成金

足場職人の独立開業では、受け取れる助成金が存在します。損をしないためにも、あらかじめ助成金の存在を知っておかなければなりません。
ここからは、足場職人の独立開業で受け取れる助成金をご紹介しますので、どのようなお金が受け取れるのかチェックしていきましょう。

国による助成金

足場職人の独立開業で受け取れる助成金の一つが「国による助成金」です。
近年、日本では景気回復を目的とした企業支援を積極的に行っています。独立開業を検討している国民のために、様々な助成金を提供しているのです。
例えば、足場職人として独立開業する際の「開業資金」を、一部国が負担してくれるという制度があるのです。開業資金の3分の2の金額を最大で200万円まで国が負担してくれます。
独立開業時の出費が多い足場職人としては、とても魅力的な助成金制度といえるのではないでしょうか。
国が提示する一定の条件を満たすだけで助成金を受け取れるので、資金を確保するためにもチェックしておくことが大切です。ちなみに、助成金を受け取るための条件は、「事業開始後3か月以上事業が続いていること」「事業に従事していること」などが挙げられます。

自治体による助成金

足場職人として独立開業するにあたり、受け取れる助成金は「国からのお金」だけではありません。住んでいる地域、もしくは事業の所在地に該当する地域などの「自治体」からも助成金を受け取ることができます。。
自治体によっては、起業家支援などとして開業資金の一部を助成していたり、融資で優遇してくれたりなど、魅力的な制度を設けています。
特に、近年は「インバウンド」「地方活性化」などにより、都市部だけではなく地方も独立開業に力を入れているケースも増えてきていますので、現在独立開業を検討しているなら大きなチャンスといえるでしょう。
なお、自治体による助成金の金額や支給条件などは、自治体ごとに異なりますので、まずは役所に問い合わせてみましょう。

足場職人の独立開業で助成金を受け取るための手続き

足場職人の独立開業で助成金を受け取るためには、手続きがあります。やはり、お金が関わることですので手続きの手間は多いのですが、資金繰りで頭を悩ませないためにも、手続きはしっかりと行いましょう。
足場職人として独立開業するにあたり、助成金の手続きを行う際にはまず「事業計画書」を作成する必要があります。事業内容や資金計画、収支の予定などを細かく丁寧に記載して、提出してください。
また、必要に応じて売り上げ・経費の根拠となる書類(領収書など)を揃えたり、事業スケジュールを明確にしなければなりません。
助成金を受け取るまでは、面倒な手続きや複雑な書類作成などがありますので、注意しましょう。

足場職人として独立開業するなら「商工会」の活用もおすすめ

足場職人として独立開業するなら「商工会」を活用してみてはいかがでしょうか。
商工会を活用することにより、前項の書類を揃えなくても、スムーズに「小規模事業者」として認められます。面倒な手続きや書類作成はやりたくない!という方であれば、商工会を活用すると良いでしょう。
とはいえ、商工会の活用にはお金がかかりますので、活用は慎重に検討してください。

おわりに

足場職人の独立開業には様々な出費が生じますので、国や自治体からの助成金は大変助かるものです。とはいえ、手続きや書類作成など、複雑な事務処理も多いので不備のないように進めていかなければなりません。
ちなみに、「足場職人独立サポート」では、初めての独立開業にお悩みの方に向けて、サポートサービスを提供しています。分からないこと、不安なことなど、様々な質問にお答えしながら、必要な手続きのサポートを行っていますので、お気軽にご相談ください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

足場職人独立サポート足場職人独立サポート