足場会社で認められる「経費」って?知っておくべき項目を解説

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 経営 > 足場会社で認められる「経費」って?知っておくべき項目を解説

2020.8.24

足場会社で認められる「経費」って?知っておくべき項目を解説

70View

足場会社として独立開業したいと考えているのであれば、「経費」についての知識を深めておく必要があります。
足場会社には様々な経費が発生します。こうした経費は、結果的に「節税対策」に繋がりますので、どのような項目が経費として認められるのかを把握しておくことが大切です。
そこで、今回は足場会社として独立開業したいとお考えの方に向けて、「経費として認められるもの」を詳しく解説します。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

経費を正しく知っておかないと損!

足場職人として独立するなら、経費について正しく知っておかないと損することになってしまいます。なぜなら、経費として計上できれば、節税効果が見込めるからです。
また、経費は確定申告でも申告しなければならないポイントですので、正しく把握しておかなければなりません。

足場会社で「経費」として認められる項目

足場会社ではどのような項目が「経費」として認められるのでしょうか。できる限り税金が少なく済ませられるよう、具体的な項目について見ていきましょう。

外注工賃

外注工賃は、お客様から依頼を受けた足場設置作業を、外部に委託する際のお金です。例えば、知り合いの足場職人に足場設置を手伝ってもらったり、下請け会社に足場設置を委託したときに支払うお金は、「外注工賃」に該当します。
もし、自社以外の方に足場設置などの業務を手伝ってもらうことがあれば、「外注工賃」として経費を計上できることを頭に入れておきましょう。

通信費

通信費は、仕事で使う「携帯電話料金」や、「インターネットのプロパイダ料金」などが該当します。足場職人として独立するなら、仕事の依頼や問い合わせなどは原則自分の携帯電話や、作成したホームページ上で受けることになるでしょう。
その場合は、通信費として経費を計上できます。ちなみに、集客のためのホームページを作成した際の「サーバー代」も経費になりますので覚えておくと損をしません。

旅費交通費

旅費交通費は、主に「仕事の移動で発生したお金」が該当します。例えば、ガソリン代や高速道路代、駐車場代などが挙げられます。
足場職人は基本的に材料を持って現場へと移動することが多いので、旅費交通費に該当するお金も多い傾向にあります。
なお、仕事用の車両の維持費も経費に計上できます。例えば、「車検」「タイヤ交換」「保険料」など、移動のために車両が必須であれば、これらも経費になります。

消耗品費

消耗品費は、文字通り「消耗品」が該当します。とはいえ、消耗品であれば全てが消耗品費に該当するというわけではありません。
消耗品費に該当するのは「消耗品費かつ事業に必要であり少額のもの」です。例えば、事務所の机や筆記用具といったオフィス用品や、ヘルメットや安全帯、ハンマーといった現場で使用する道具が当てはまります。

租税公課

租税公課は、支払った税金を経費として計上できるものです。例えば、仕事で使う車両の自動車税や固定資産税、印紙税などの税金は、経費として認められます。
税金は痛い出費ではありますが、支払った分が経費として落とせますので、意外にも節税効果に一役買ってくれます。
税金の多くは基本的に毎年支払うものですので、必ず経費として計上するのを忘れないようにしましょう。

水道光熱費

水道光熱費は、事業で使う「水道料金」「ガス代」「灯油台」「電気代」などのことです。例えば、事務所で事務作業を行うことがあれば、その分電気代が発生するでしょう。また、お手洗いなどで水道料金も必須となるはずです。
他にも、冬場のストーブのための灯油代や、水道からお湯を出すためのガス代なども発生します。
事業に必要なものであれば、水道光熱費として経費に計上できますので、覚えておくと安心です。

地代家賃

地代家賃は、土地などを借りているときに支払うお金のことです。例えば、事務所や駐車場、資材置き場、それぞれの管理費・家賃・更新料などは、全て地代家賃に該当します。
借りている数や広さによって、具体的な地代家賃の金額は異なるものの、基本的にはまとまったお金となります。そのため、経費として計上すれば大きな節税効果を期待できるのです。

その他の経費

足場職人が経費として認められるものは、これまでにご紹介したものだけではありません。「事業に必要」と判断されれば、他にも様々なものが経費として計上できます。例えば、事業に必要な資格を取得するための「資格取得費・受験費用」、事業を安定して継続できるように学ぶための「書籍代」、お客様との円満な関係を築くための「交際費・接待費」など、事業に必要であればあらゆるものが経費として計上できます。
ただし、事業用なのか私的利用なのか曖昧なものまで経費として計上してしまうと、「脱税」「経費のかさ増し」などと判断されてしまうリスクがありますので注意しましょう。

おわりに

足場職人として独立するにあたり、最も悩むのが「お金の問題」です。しかし、足場職人には経費として計上できる項目が多いため、結果的に大きな節税効果を得られることが多いです。
とはいえ、経費について理解を深めていくのは大変です。そんなときにはぜひ「足場職人独立サポート」にご相談ください。
経費としての判断ポイントや、確定申告の準備など、幅広くサポートいたします。

足場職人独立サポート足場職人独立サポート