足場材の拾い出し方法が知りたい!拾い出しの基本と便利システムについて

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > お役立ち > 足場材の拾い出し方法が知りたい!拾い出しの基本と便利システムについて

2020.10.29

足場材の拾い出し方法が知りたい!拾い出しの基本と便利システムについて

73View


足場会社として起業を検討している方の中には「足場材の拾い出し方がよく分からない…」と悩んでいる方がいるのではないでしょうか。
足場を組み立てる際には「拾い出し」という工程がありますが、正しく理解していないと現場で迷惑をかけてしまう恐れがあります。
実際、建設現場では足場材の拾い出しができない人に対して、厳しい意見を持つ場合が少なくありません。
そこで、今回は足場材の拾い出しに不安がある方に向けて、具体的な拾い出し方や便利なツールなどをご紹介します。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

足場材における「拾い出し」とは

そもそも足場材における「拾い出し」とは何なのでしょうか。
拾い出しとは、建築用語のひとつであり、工事図面に基づいて必要な部材を拾い出していく作業のことです。
足場会社の場合、施工現場の下見を行って、足場を組むための工事図面を作成する必要があります。作成した図面から、必要な部材や手間を算出していく工程があるのです。
拾い出しは作業を円滑に進めるためにも必要な工程であるため欠かせません。
しかし、拾い出しに慣れていない場合、時間がかかったり、「拾い漏れ」があったりするなど、さまざまな問題が発生してしまいます。

足場材組み立てまでの流れ

足場材の拾い出しを正しく行うためには、組み立てまでの流れを正しく把握しておくことが大切です。
具体的には、次のようなステップで足場材を組み立てていきます。

1.現場の下見
2.図面の作成
3.足場部材の拾い出し
4.現場搬入
5.足場の組み立て作業

足場部材の組み立てステップを把握しておくことで、適切な拾い出しタイミングが分かります。基本的には、下見を行って足場図面を作成した後に「足場部材の拾い出し」という工程に進みます。図面を作成することで、作業の全体像が見えるようになるからです。
ちなみに、「1」の現場の下見では、足場を問題なく組めるか、図面上で大きな変更がないか、などを確認します。

足場材の拾い出しにおける基本知識

足場材の拾い出しを行うにあたり、基本的な知識を把握しておくことは重要です。
拾い出しを行うためには、そもそも足場の基本構造を把握しておく必要があるからです。使用部品や施工規模に応じた部材の必要数などは、足場の基本構造を理解して初めて分かります。
また、足場材の拾い出しをミスなく行うためには、「拾い漏れやすいもの」も把握しておくことをおすすめします。
主に、足場材の拾い出しで拾い漏れやすいのは、ジョイント関連やジャッキベースといった「小物部材」です。施工を円滑に進めるためにも、拾い漏れやすいものを把握しておきましょう。
ちなみに、足場部材の拾い出しで忘れにくいのは「建枠」や「銅製布板」などです。

足場材の拾い出し方

足場材を拾い出す際には、「組み立てる順番で拾っていく」という方法がおすすめです。
組み立ての順番を無視して、やみくもに部材を拾い出していくと、高確率で拾い漏れが発生してしまいます。
組み立てる工程ごとに必要な部材をチェックしていけば、おのずと拾い出すべき部材が明確になるのです。部材を漏れなく拾い出すためにも、きちんと組み立てる順番で拾い出していきましょう。
また、足場材の拾い出しが初めてであれば、シミュレーションとして部分的にも部材を拾い出してみることをおすすめします。拾い出しは知識だけで実践するよりも、何度か経験してから現場で行ったほうが、スムーズに進みやすいものです。
また、拾い漏れなど、ミスの減少にもつながるため自分が実際に使用していない部材も拾い出してみると、あらゆる現場で対応しやすくなるでしょう。

足場材の拾い出しに便利なツール

足場材の拾い出しは、便利なツールを活用することで初心者でも簡単に正確な拾い出しを行えます。
現在、国内で展開されている拾い出しツールは以下の通りです。

・修繕拾い出し集計システム/株式会社シーワークス
・拾いの匠/株式会社システムズナカシマ
・TRS足場/プレゼン用工事計画及び申請図面作成ツール

細かな特性は異なるものの、いずれも部材の正確な拾い出しをサポートしてくれるツールです。
とくに、「拾いの匠」は、PDF及び紙の図面に対応しているため、さまざまなシチュエーションで活用しやすいのが特徴です。図面をもとに「材料の集計」「並び変え」などを自動で行ってくれるため、拾い出しにかかる時間や手間を一気に削減できます。
「自分で足場部材を拾い出せるか不安…」という方は、便利なツールの利用を検討してみてください。

おわりに

今回は、足場会社の起業を検討している方に向けて、「部材の拾い出し方法」を紹介しました。
部材の拾い出しは、現場での作業をスムーズにするためにも欠かせない作業です。しかし、「部材の拾い出し方がよく分からない」という方が少なくありません。
拾い出しについて不安を感じている方は、今回の内容をしっかりと覚えておきましょう。
なお、「足場職人独立サポート」では、足場会社の起業におけるノウハウを伝授しています。経営のイロハをアドバイスすることはもちろん、お金のこと、雇用のことなど、どんな相談も受け付けています。
ぜひ、起業を検討している方は、お気軽にご相談ください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。 独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

足場職人独立サポート足場職人独立サポート

新着記事一覧