一人親方が稼ぐコツ!従業員の必要性や注意点を詳しく解説

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 経営 > 一人親方が稼ぐコツ!従業員の必要性や注意点を詳しく解説

2020.11.24

一人親方が稼ぐコツ!従業員の必要性や注意点を詳しく解説

1320View


一人親方として独立したいと考えている方の中には「どうしたらより稼げるか」といった点に悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。
しかし、独立後に売り上げを維持することは決して難しくありません。正しい「コツ」を把握しておけば、一人親方であっても十分売り上げを確保することはできます。
そこで、今回は一人親方が稼ぐコツをご紹介します。併せて、従業員の必要性や注意点などについても触れていきますので、参考にしてみてください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

一人親方が稼ぐコツは?

一人親方が、より稼ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。
さっそく、一人親方が稼ぐコツについてご紹介します。

たくさんの案件を獲得する

一人親方が稼ぐためには、まず「たくさんの案件」を獲得することが大切です。
会社員であれば、目の前の仕事をこなしているだけで、一定額の給与が受け取れます。しかし親方となるとそうもいきません。
自分が収入を得るためにはしっかりと仕事を獲得しなければならないのです。当然、仕事量が増えれば、それに伴い収入も高くなりますので、「稼ぎたい」という気持ちがあるなら、たくさんの案件を得ることが基本といえます。

高額な案件を得る

前項の「たくさんの案件を獲得する」という方法でも稼ぐことはできますが、体は一つしかありませんから、抱えられる案件数には限度があります。つまり、稼げる額にも上限が生じてしまうのです。そういった壁を突破するために必要なのが「高額な案件を得ること」です。
足場会社をはじめ、建設会社は基本的に相場が存在しますが、交渉次第でより高い報酬で契約できる場合があります
作業内容に付加価値をつけるなどして、案件の報酬額をさらに高く設定できるよう交渉してみましょう。

取引先や周囲の信頼を得る

一人親方が稼ぐにあたり、重要なのが「周囲の信頼を得ること」です。
独立して間もないうちには、実績が少ないことから、信頼性は低く評価され、良い仕事を回してもらえないことが少なくありません。
しかし、信頼を獲得していくうちに、高額案件を紹介してもらえたり、価格交渉に応じてもらいやすくなります。
建設業界は技術や知識だけではなく「人間関係」や「周囲の評価」も収入に大きく関わることを頭に入れておきましょう。

従業員を雇って規模を大きくする

従業員を雇うことで、抱えられる案件数が増えるため、結果的に売り上げを高めることができます。特に、経験者の従業員であれば、即戦力にもなるためより稼ぎやすい環境が整うでしょう。
当然、従業員の数が多ければ多いほど、対応できる案件数が増えるため、売上も高くなります。教育面や給与面などさまざまなハードルがありますが、これらをクリアできるなら、従業員の確保はおすすめです。

従業員を雇う場合の注意点

従業員を雇う場合はいくつか注意点があります。
どのような点に気をつけるべきか、以下を参考にしてください。

従業員の失敗が自分の責任になる

従業員を雇う場合、万が一作業中に従業員がミスをしたら、自分の責任になってしまいます。例えば、現場で従業員がお客様の備品を壊してしまった場合、一人親方の責任です。賠償する責任がありますし、お客様に謝罪する場合も従業員だけではなく、「一人親方」も一緒に伺わなければなりません。
従業員がいるということは、責任が増えるということでもあるため、きちんと理解しておきましょう。

未経験の従業員を現場に出すのは危険

未経験の従業員を現場に連れていくのはあまり好ましくありません。現場は危険なエリアでもあるため、知識や経験が浅い従業員が足を踏み入れるのは時期尚早です。
最悪の場合、深刻な事故を招くリスクもあるため、雇った従業員が未経験者の場合は、すぐに現場に出すのはやめておいたほうが無難です。
知識や技術などの基礎を教えながら、徐々に現場に慣らしていくことをおすすめします。

法人化する場合の注意点

一人親方として独立後、法人化する場合は「お金」の問題に注意しなければなりません。
法人化すると、複雑な税金事情が絡んできますし、経費の計上なども細かくなります。知識不足がきっかけで、意図せず脱税となってしまうことも考えられるでしょう。
また、未経験の従業員を雇う場合、教育コストや求人コストなど、さまざまなコストがかさむことも頭に入れておかなければなりません。
法人化は、足場職人として働く方の憧れではありますが、一方で「手間」が大きいのも事実。法人化する場合は慎重に検討する必要があります。

おわりに

今回は、足場職人における「一人親方が稼ぐコツ」についてご紹介しました。
晴れて一人親方として独立できても、安定して働くためには、さまざまな努力が必要です。たくさんの案件を獲得したり、契約先と交渉するなど、事業が軌道に乗るまでは大変でしょう。
しかし、一つ一つの積み重ねが一人親方としての収入につながります。現在、金銭事情に不安がある方は、ぜひ本ページを参考にしてみてください。
「足場職人独立サポート」では、一人親方に向けてお金の知識や税金などのサポート・アドバイスを積極的に行っています。些細な不安にも詳しくお答えしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。 独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

足場職人独立サポート足場職人独立サポート

新着記事一覧