自宅兼事務所で独立ってアリ?足場職人が知るべきメリット・デメリット

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 独立・開業 > 自宅兼事務所で独立ってアリ?足場職人が知るべきメリット・デメリット

2020.12.8

自宅兼事務所で独立ってアリ?足場職人が知るべきメリット・デメリット

10View


足場職人として独立するにあたり、最初の疑問となるのが「事務所をどこにすべきか」という点ではないでしょうか。
一般的には、事務所を借りることが多いですが、「自宅兼事務所にする」といった選択肢があります。
自宅兼事務所は、賃貸事務所にはないメリット・デメリットがありますので、それぞれを把握したうえで検討しなければなりません。
本ページでは、「自宅兼事務所」を選ぶメリット・デメリットをそれぞれ詳しく解説します。

独立時の事務所の場所は慎重に検討すべき

独立時の事務所の場所を決める際には、焦らずに慎重に検討しなければなりません。
単純に「事務所を確保する」といっても、金銭的な問題が生じることがありますし、トラブルを招くリスクがあるなど、考慮しなければならない点は多いです。
そのため、足場職人として独立を検討しているのであれば、「安いからこの事務所にしよう」「ラクだから自宅兼事務所にしよう」と安易に決断するのではなく、あらゆるリスクを踏まえたうえで慎重に検討しなければなりません。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

自宅兼事務所のメリット

足場職人として独立するにあたり、「自宅兼事務所」で事業をスタートさせる場合はどのようなメリットがあるのでしょうか。
具体的なメリットを把握して、自宅兼事務所を選ぶべきか検討しましょう。

初期費用の大幅削減

自宅兼事務所にする場合、初期費用の大幅削減につながりやすいといったメリットがあります。
新たに物件を借りる必要がありませんので、「敷金」「礼金」「仲介手数料」といった出費の負担も不要です。そのうえ、すでに机やパソコン、椅子などがあればそのまま活用すれば、新調する必要もありません。
初期費用を大幅にカットして、事業をスタートできるのが自宅兼事務所の最大のメリットといえます。

家事按分として経費計上で有利

自宅兼事務所は、初期費用をカットしやすいといったメリットがありますが、さらに「家事按分」によってさらに税金面でも有利になります。
例えば、「自宅兼事務所」としている物件の家賃の一部を「事務所費用」として経費計上が可能ですし、事業に関わる「水道光熱費」も経費として計上できます。
計算方法も比較的シンプルで難しくありませんので、節税に力を入れたい方に対してもおすすめできるといえます。

自宅兼事務所のデメリット

自宅兼事務所には、さまざまなメリットがありますが一方でデメリットも存在することを忘れてはいけません。
もし、自宅を事務所とする場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

プライバシーの面で問題が生じやすい

自宅兼事務所にする場合、最大のデメリットとして考えられるのが「プライバシーの問題」です。
自宅が事務所となりますので、外部の方の出入りは基本的に「自宅」ということになります。もちろん、名刺に記載する事務所の住所も自宅の住所となりますので、不特定多数の方に自宅の住所を知られてしまうことになるのです。
プライバシーの問題は、トラブルにもつながりますので慎重に判断しなければなりません。

信用性が低い

自宅兼事務所は手軽である一方で、信用性の低さが難点です。
賃貸の事務所を利用している場合と、自宅を事務所にしている場合とでは、前者の方が信頼性が高く、外部の方が「安心して仕事を任せやすい」と考えます。
自宅を事務所にしてしまうと「事務所を借りる余裕がないのでは」「規模の小さい会社はスキルや技術が不十分なイメージ」など、誤解を招くことが少なくありません。
新規顧客を開拓していきたいと考えている場合、自宅兼事務所では顧客の確保が難しくなるリスクがあります。

仕事とプライベートの線引きが難しい

自宅兼事務所とすることで生じやすい問題が、「仕事とプライベートを切り分けにくくなる」というものです。
いざ仕事をしようと思っても、自宅ならではの生活感や趣味のもので気が散ってしまう可能性があります。また、せっかくオフでくつろいでいても、仕事の道具などが目に入り「仕事のことを思い出してしまう…」ということもあるでしょう。
仕事とプライベートをしっかりと区別したいという方にとって、自宅兼事務所はやや不向きかもしれません。

おわりに

今回は自宅兼事務所のメリット・デメリットをご紹介しました。
事務所を借りるのは経済的に大きな負担となりますので、「できれば自宅を事務所にしたい」と考えるのは当然のことです。しかし、注意すべきデメリットもたくさんありますので、それぞれを正しく理解したうえで検討する必要があります。
足場職人独立サポートでは事務所の問題や、事務所を借りるうえでの初期費用の疑問など、さまざまなご質問にお答えしています。
独立のサポートはもちろんのこと、独立後のサポートも徹底していますので、ぜひご相談ください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。 独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

足場職人独立サポート足場職人独立サポート

新着記事一覧