独立前に知るべき基本!挨拶状や挨拶回りの正しいステップ

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 独立・開業 > 独立前に知るべき基本!挨拶状や挨拶回りの正しいステップ

2020.12.21

独立前に知るべき基本!挨拶状や挨拶回りの正しいステップ

361View


独立開業時にまずやらなければならないのが「挨拶」です。
これまでにお世話になった方々へ、今後の関係構築も兼ねて挨拶回りをしたり、挨拶状を送ったりすることは大切。今後の事業において重要なステップといえます。
しかし、意外にも「正しい挨拶回り・挨拶状の送付方法」については、よく理解できていない方が少なくありません。
そこで、今回は独立開業までに知っておくべき基本である、「挨拶回り」「挨拶状」について解説します。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

そもそも独立開業時の挨拶は必須なの?

独立開業を検討している方の中には「そもそも挨拶は必要なの?」といった疑問を感じている方もいるでしょう。
結論からいうと「今後のためにも必要」といえます。
独立開業後、安定した収入を確保するためには人脈が必要不可欠です。挨拶状や挨拶回りがきっかけでお客さんとして利用してくれることも考えられるでしょう。
独立開業後は経済的に不安定になることが少なくありません。しっかりと挨拶を済ませ、自社のアピールをしておくことが大切です。

独立開業時の挨拶回り・挨拶状について

独立開業時の挨拶回りや挨拶状について「両方やるべき?」「どちらが優先なの?」など、分からないことは多いものです。
ここからは、独立開業で知っておくべき挨拶の基本を解説します。

可能な限り「直接挨拶」を意識する

独立開業時の挨拶については、可能な限り「直接での挨拶」を心がけましょう。
きちんと顔を合わせて挨拶をすることは、相手の印象に残りやすくなるだけでなく、相手からの評価も高くなりやすいものです。
「用があるときにはこちらの会社に相談してみようかな」と考えてもらえるチャンスが増えますので覚えておきましょう。

都合が合わない場合は挨拶状でもOK

挨拶しなければならない会社が多かったり、忙しくて挨拶回りをしている時間がないなど、直接会って挨拶ができない場合があるでしょう。
その場合は「挨拶状」として、手紙を送付するといった対応で問題ありません。挨拶状で挨拶を済ませることは決してマナー違反ではありませんし、相手に悪い印象を与えることもありません。
相手の印象に残りにくくなる…といったデメリットはあるものの、まったく挨拶をしない場合を考えると、手紙であっても挨拶状として送った方が良いでしょう。

最近は「メール」を活用した挨拶も

独立開業時の挨拶は必要不可欠ですが、最近は「直接」「手紙」のほか、「メール」が活用されることが増えてきました。
最近は、ビジネスのやりとりをメールで済ませる企業も多く、挨拶もメールで済ませるケースが珍しくありません。
そのため、挨拶をすべき会社のメールアドレスを把握しているのであれば、メールで済ませるといった選択肢もあります。

挨拶状の書き方

挨拶状を送付する場合、気になるのが「挨拶状の書き方」でしょう。
まず、挨拶状を書く際には「事業内容」「事業開始時期」「事業所の所在地」など、事業の基本情報を明確にしましょう。
また、なるべく長方形封筒を活用して送付するのが好ましいです。場合によってははがきでの対応も問題ありませんが、目上の方には失礼になる可能性があります。思わぬトラブルを避けるためにも、長方形封筒を活用したほうが無難です。
ちなみに、挨拶状の文字フォントは「楷書体」もしくは「明朝体」がおすすめ。繊細で美しい文字フォントは挨拶にもピッタリですので、挨拶状に最適です。

独立開業時の挨拶の注意点

独立開業で挨拶をする際、注意点があることを頭に入れておきましょう。
マナー違反を回避するためであることはもちろんのこと、損をしないためにも、以下の内容を参考にしてみてください。

SNSを活用した挨拶は「目上の方」にはNG

近年は、ツイッターやフェイスブックなど、SNSを活用して挨拶を行うケースが増えてきました。
一度の投稿で不特定多数の方に見てもらえるSNSは、独立開業の挨拶で非常に便利です。しかし、目上の方に対してもSNSを通じて挨拶をするのはNG。きちんと個別で「直接会って挨拶する」もしくは「挨拶状を送付する」といった対応をしなければなりません。

挨拶状は開業の2週間前を目安に送付

挨拶状を送付する場合は、開業の2週間前を目安に送付しましょう。
開業直前に挨拶状を送付してしまうと、「開業が間近なのに、今になって挨拶状送付は遅い」とイメージダウンにつながってしまいます。
早すぎても「まだ開業は先なのに…」と困惑させてしまう可能性がありますので、「開業の2週間前」を目安に送付してください。

挨拶状の枚数によっては業者を利用したほうが安価に済む

挨拶状で対応する場合、送付枚数によっては専門の業者を利用したほうが安価に済む場合があります。
そのうえ、自分で準備する手間も削減できますので、自分は本業の準備に集中しやすくなるでしょう。
すでに数十件、数百件の挨拶状送付の予定があるなら、専門業者の利用を検討してみてください。

おわりに

独立開業時の挨拶は必要不可欠ですが、あらかじめマナーや注意点などを把握しておかないと失礼になってしまう可能性がありますので注意が必要です。
せっかくの独立開業で、思わぬトラブルを招かないためにも、ぜひ本ページの内容を覚えておきましょう。
足場職人独立サポートでは、足場職人の独立をサポート・応援しています。資金計画や経営全般、法律のことなど、さまざまな疑問を解決していますので、ぜひご相談ください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。 独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

足場職人独立サポート足場職人独立サポート

新着記事一覧