雇用保険の基礎知識!加入条件や手続き、必要書類まとめ

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 経営 > 雇用保険の基礎知識!加入条件や手続き、必要書類まとめ

2021.9.16

雇用保険の基礎知識!加入条件や手続き、必要書類まとめ

173View


会社を経営する上で必ず耳にする「雇用保険」ですが、細かな内容や条件を正しく認識できているでしょうか。

今回は、改めて確認しておきたい雇用保険の内容と加入条件、加入手続きの方法といった基礎知識について解説していきます。

必要書類についてもあわせてまとめましたので、改めて確認するとともに、手続きの際に参考にしてください。

雇用保険とは?

雇用保険とは、ある日突然仕事を与えられなくなってしまったときに備え、従業員一人ひとりが加入する公的保険です。

会社に雇われている正社員、パート従業員、アルバイトは、ある日なんらかの事情があって突然仕事を失ってしまった場合、その後の生活が困窮してしまう可能性が高いと言えるでしょう。

そうした経済的トラブルが発生しないよう、雇用保険は決まった期間、従業員の経済面を保障する役割を果たしています。

保障される期間はだいたい3ヵ月間から1年間程度で、そのあいだ「失業等給付」と呼ばれる給与の代わりとなる金額を受け取ることができます。

具体的な金額や、どのくらいの期間給付を受け取れるか、また給付がはじまるまでにどのくらいかかるかといった条件は、年齢や退職する理由ごとに違います。

例えば「特定受給資格者」と呼ばれる、企業の倒産やリストラなど個人の力では対応しきれないやむをえない理由によって仕事を離れることになった人たちの場合、優遇される傾向にあります。

それに対して、「よりよい条件の仕事を探して」「体調不良」「結婚」など自己都合と考えられる理由で退職した場合にはあまりいい条件とは言いにくくなるでしょう。

雇用保険に入っていれば退職後、早くに再就職を決めたときにも「再就職手当」や「就業手当」を受け取れるようになります。

さらに、新しい職場が以前の職場よりも給与が低かった場合「就業促進定着手当」もあわせて支給されるなど手厚い支援があります。

雇用保険の加入条件とは?

従業員が一人でもいる場合、企業は雇用保険法に基づいて従業員を雇用保険に加入させなければなりません。

特に正社員として働いている従業員については、必ず雇用保険に加入させる義務があります。

かつては加入条件のひとつに「65歳未満の従業員」という決まりがあったのですが、現在では制度改正によって年齢制限がなくなりました。

どのような年齢、立場の人であっても、正社員であれば雇用保険へ加入しなければいけません。

一方で正社員でない従業員、すなわちパートやアルバイト、派遣社員の場合は、全員が雇用保険に加入する必要はありません。

こうした働き方の従業員のケースでは、加入条件は「週の所定労働時間が20時間以上」「31日以上の期間継続雇用される見込みがある」が満たされたときです。

雇用期間が決まっていないときには、雇用保険へ加入しなければいけません。

また、事業によってはある期間のみ限定で従業員を雇うこともあるでしょう。

夏季や冬季など期間限定で稼働する事業者も、条件によっては雇用保険への加入が求められます。

「1年のうち4ヵ月以上の雇用契約を結んでいる」、「週の所定労働時間が30時間以上」であれば「短期雇用特例被保険者」として雇用保険に加入する必要があります。

雇用保険に加入するための必要書類

新しい企業を設立したときには、雇用保険にまつわる手続きをするために適用事業所の設置手続きを行う必要があります。

まずは「労働保険関係成立届」と呼ばれる書類を労働基準監督署に提出します。

この書類には企業の名前や概要、住所、雇用保険の加入日、雇用者数といった情報を記載して提出します。

そのあと「雇用保険適用事業所設置届」と「雇用保険被保険者資格取得届」などを、所轄のハローワークに提出します。

雇用保険被保険者資格取得届を出すときには企業の賃金台帳や労働者名簿、出勤簿なども必要になります。

さらに被保険者の雇用保険被保険者証か履歴書の写し、労働保険関係成立届の控え、法人登記謄本の原本か登記事項証明書を用意します。

必要書類について不安があれば、ハローワークへ直接問い合わせてみてもよいでしょう。

雇用保険の加入手続きに悩んだときは?

雇用保険の加入手続きについて、わかりにくく面倒に感じられてしまう人も多いのではないでしょうか。

ただでさえ新しい従業員を獲得したときにはやらなければならない手続きが多いため、担当者も頭を悩まされてしまうかもしれません。

ハローワークへ問い合わせるといっても、混雑しているときにはなかなか気が進まないでしょう。

そうした際には、業者のサポートを利用するとよいでしょう。

RCSでは、足場会社の経営にまつわる各種サポートを行っています。

雇用保険の加入手続きはもちろんのこと、さまざまなお悩みに対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、企業を経営する上で知っておきたい雇用保険の基本情報をご紹介いたしました。

加入条件や加入の手続き、必要書類などわかりにくい点もありますので、よく確認しながら進めていきましょう。

足場会社の経営に関するご相談は、RCSへおまかせください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。 独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

新着記事一覧