足場会社の保険は必須?加入すべき保険の種類と注意点について

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 独立・開業 > 足場会社の保険は必須?加入すべき保険の種類と注意点について

2020.7.21

足場会社の保険は必須?加入すべき保険の種類と注意点について

307View


足場会社を設立したり、運営したりするうえで、忘れてはならないのが「保険の存在」です。足場組立をはじめとした建設現場は、事故やケガのリスクがありますので、万が一のためにも保険に加入しておく必要があります。
とはいえ、保険会社について調べてみると、情報量が多く「結局何をすればいいのか、どんな保険に加入するのかなどが分からない…」と悩んでしまう方が少なくありません。
そこで、今回は足場会社に必要な保険の種類や、それぞれに加入する注意点などについてご紹介します。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

賠償責任保険

足場会社を設立及び運営するにあたり、加入しておくべき保険の一つが「賠償責任保険」です。業務中及び工事完了後に他人に怪我をさせてしまった場合や、足場の設置ミスによって隣接する建物を傷つけてしまった場合などに備えた保険です。
万が一、他人に怪我をさせてしまったり、無関係な建物を傷つけてしまった場合、巨額の賠償金が必要となる可能性があります。特に、深刻な状況に陥るようなケースであれば数千万円単位で賠償金が発生するかもしれません。もしかしたら、会社の今後の運営や経営に大きな影響を及ぼす可能性もあるでしょう。
業務中における従業員の怪我や事故は、労災保険で処理できますが、従業員以外の人間や建物に労災保険は適用されません。足場会社の設立を検討していたり、すでに運営している場合は、必ず賠償責任保険に加入しましょう。

上乗せの労働災害保険

足場会社の設立や運営において、加入しておくべき保険として挙げられるのが「上乗せの労働災害保険」です。
一般的に加入が必須といわれている「労働災害保険」は、労働者であれば誰もが加入しなければならない保険です。万が一の従業員の業務中の怪我や事故などのリスクを考えると、労働災害保険は従業員のため、なおかつ会社のための保険といえます。
しかし、従業員が業務中に深刻な怪我を負ってしまった場合、その従業員に家族がいたとしたら、労災による保険金だけでは十分とは言い切れない可能性があります。そういった、「万が一」に十分に備えておける保険が上乗せした労働災害保険なのです。
特に、死亡事故や後遺症が残ってしまうような重大な事故であった場合には、上乗せの労働災害保険が活用できます。
実際、事故に遭った従業員やその家族から、高額訴訟されるケースがあります。誠意をもって対応するとしても、支払えるお金には限度がありますので、上乗せの労働災害保険の加入を検討してください。

その他の保険

足場会社には、上記でご紹介した保険の他にも、チェックしておくべき保険がたくさんあります。例えば、足場を設置した後の盗難リスクや、火災によって損害を被ってしまうリスクなど、あらゆるリスクがあるのが足場会社です。各リスクに柔軟に対応できるように、盗難に備えられる保険や火災関連の保険、必要に応じて自動車保険などの加入を検討しておくと安心です。
様々な保険に加入すると、その分出費が重なってしまうことから「なるべく加入する保険は絞りたい」と考える方が少なくありません。しかし、加入する保険を絞ってしまったがために、従業員等から高額訴訟をされてしまった…といった状況に陥ってしまうと、結果的に大きな損失となってしまいます。
「万が一」に備えられるのが保険のメリットですから、これを機に必要な保険を再度チェックしてみてください。

「足場職人独立サポート」なら労災保険割引が可能

足場会社をはじめ、建築業界の方が加入すべき保険は様々です。しかし、必要と考えられるすべての保険に加入しようとすると、今度はコスト面に不安を感じてしまうでしょう。
「足場職人独立サポート」なら、労災保険の割引が利用可能ですので、保険料に不安を感じている方は、ぜひご検討ください、
なお、保険料の参考例や目安については、以下をご覧ください。

【保険料参考例・目安】
前期売上高  月々保険料
500万円    6,130円
1,000万円   7,090円
1,500万円 7,850円
2,000万円   8,720円
2,500万円 9,570円
3,000万円 10,440円

また、上記の保険料で保障対象となるのは、下記の通りです。

【保障対象】
・役員
・従業員
・下請負人

基本的に、業務に関わる全ての方が保障対象です。役員や従業員はもちろんのこと、下請負人まで保障対象となっていますので、様々な経営スタイルに対応できます。
そのうえ、保障内容も充実しています。

【保障内容】
死亡 500万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円
使用者賠償 1,000万円
雇用関連賠償 1,000万円

入院費用や通院費用、さらに死亡保障まで手厚く保障されています。
従業員や会社を守るためにも加入保険を見直したい方も、ぜひお気軽にご相談ください。

おわりに

今回は足場会社が加入すべき保険について詳しく解説しました。保険は、業務中の事故やトラブルによるリスクに備えた保険です。金銭的な損害を最小限に抑えるためにも、加入しておくことをおすすめします。
なお、「足場職人独立サポート」では、分かりにくい「保険の仕組み」もしっかりとご説明したうえで、独立や開業をサポートしています。
「独立したいけれどわからないことが多い…」とお悩みの方も、積極的にご相談ください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。 独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

足場職人独立サポート足場職人独立サポート