足場会社の準備|足場材は「リース・レンタル」「購入」どちらがおすすめ?

足場屋・塗装屋の独立開業、会社設立なら足場職人独立サポートTOP > 独立への道-足場職人サポートコラム- > 独立・開業 > 足場会社の準備|足場材は「リース・レンタル」「購入」どちらがおすすめ?

2020.7.28

足場会社の準備|足場材は「リース・レンタル」「購入」どちらがおすすめ?

384View


足場会社として独立開業するにあたり、最も気になるのが「足場材」の確保ではないでしょうか。
一般的には足場材を購入して、現場で使用するケースが多いものの、近年はリースやレンタルして利用している会社も存在します。
足場会社にとって、足場材は必須ですが、数多く揃えるとなると様々なコストやリスクが発生するのが現状。
もし、足場材を確保するなら、「リース・レンタル」と「購入」とではどちらがおすすめなのでしょうか。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。
独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

足場材をリース・レンタルするメリット

まずは、足場材をリース及びレンタルするメリットをご紹介します。
足場材をリース・レンタルするメリットは、「保管場所で悩む必要がないこと」です。足場材のリースやレンタルを前提とするのであれば、足場材を保管する場所を確保する必要がありません。
使うときにのみリースやレンタルして、使用が終わったら返却すれば、保管しておく必要がないのです。
また、数多くの足場材を購入するのと、リース・レンタルして使用するのとでは、後者の方が安価な傾向にあります。そのため、「会社設立まもなく、まだ大きな出費は避けたい」という場合はリース・レンタルのほうがおすすめです。
ちなみに、リースは「長期使用を目的として借りること」であり、レンタルは「最短1日~の短期間の使用を目的として借りること」です。
使用スタイルに応じて、リース・レンタルを選ぶと良いでしょう。

足場材をリース・レンタルするデメリット

足場材をリース・レンタルするうえでデメリットとなるのが、貸し出している業者によって利用料金に差があることです。中には、購入したほうが安く済ませられるような高額な料金を設定している業者もあります。
また、仮にリース・レンタル料金が相場範囲内であったとしても、長期的に利用するとなると、購入したほうが全体的な出費は安く済ませられる場合があります。長期にわたって事業を継続していくのであれば、購入したほうが安く抑えられるでしょう。
他にも、「あくまでも借りている足場材であるため綺麗に使わなければならない」といったデメリットがあります。壊してしまったり、汚してしまったりすると、その分さらにお金を請求されてしまうかもしれません。使い方に気を使うことになりますので、足場材のリースやレンタルを検討しているのであれば、足場材の使い方を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

足場材を購入するメリット

足場材を購入するメリットは、自分の目で見て足場材を選べることです。リースやレンタルとなると、届いてから足場材の状態が分かることがほとんど。いざ届いた足場材をチェックしたら、傷みや不備があるといったケースは少なくありません。
しかし、足場材を自分で購入する場合、商品の状態をしっかりと自分の目で確認できますので、安全性を確保しやすいといえるでしょう。
そのうえ、リースやレンタルにありがちな「返却期限」もありませんので、スケジュールに追われてしまうリスクもありません。使用期限が気になって業務に集中できない…となると、事故の原因にもなりますので、購入したほうが安心して業務を進めていけるのではないでしょうか。
また、足場材を購入すれば、その後何度もリースやレンタルする必要がありませんので、度重なる出費を抑えやすくなります。長期的に見ると、購入のほうが安く済ませられることが多いので、もし費用を捻出できるようであれば、足場材の購入をおすすめします。

足場材を購入するデメリット

足場材を購入するデメリットとして挙げられるのが「費用の高さ」です。足場材は決して安価な資材ではないうえに、たくさん確保しておく必要がありますので、一度に大きな出費が発生します。
既に、ある程度資金を確保しているのであれば、足場材を購入することは問題ないでしょう。しかし、足場会社を設立して間もない場合など、まだ資金に不安がある状態では足場材の購入はあまり現実的ではありません。
さらに、足場材を購入した後、保管しておくためのスペースも確保しておく必要があります。足場材の大きさや数によっては、広いスペースが必要となるでしょう。
コスト面と、保管場所の問題がありますので、足場材を購入するときには慎重に検討しなければなりません。

おわりに

今回は足場材をリース・レンタルすべきか、購入すべきかについて理解するために、それぞれのメリット・デメリットを解説しました。
どちらにも魅力的な面がある一方、慎重に考えなければならないポイントもありますので、必ずしも「どちらにすべき」といった正解はありません。
とはいえ、独立開業間もない場合は「自社はどちらにしたらいいのか分からない」と悩んでしまうことでしょう。もし、足場材の確保方法でお悩みなら、ぜひ「足場職人独立サポート」にご相談ください。
「足場職人独立サポート」では、独立開業を希望する方に向けて、足場材の適切な確保方法や経営知識、法律など幅広くアドバイスしています。
独立開業を検討しつつも、分からないことが多く悩んでいる…という方はお気軽にご相談ください。

足場職人の独立をサポートいたします!【完全無料】

足場職人独立サポートでは、足場屋・塗装屋の独立の方法や独立後の営業、職人さんの採用など「独立→成功」までのノウハウを無料で強力サポートしています。 独立開業を少しでもお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

足場職人独立サポート足場職人独立サポート